人気ブログランキング |

長いお別れとは

寒がりだったmaamaが超暑がりになってからもう何年経つかな?

暑がりのmaamaが過ごしづらかった夏がまだまだ続くと思っていたけど、
この間から急に秋が近づいてきて涼しくなった。


西陽も夏程の鋭さがなくなってきた。
b0151748_13220259.jpg





先週、久々に以前このブログにも何度か登場した
maamaの「腹心の友」「命の友A」ことmariさんと食事した。
母の認知症介護についていろいろ話をきいてもらった。
mariさんもまた自分の認知症の母の面倒を見てあげているんだけと、
同じようなエピソードがいっぱいあって、いろいろ教えてもらえて良かった。

その時に話した内容なんだけど、
「お母さん大好きっ子だったmaamaが、悲しくならないように
少しずつ少しずつあっちの世界に行ってるのかな・・・」って話をした。


そして、その翌日、図書館で借りた本

b0151748_13363009.jpg
残された家族がお別れの時に心のダメージが少ないように
ゆっくりゆっくりとお別れの準備



「長いお別れ」にまさにそういう事が書いてて
すごく胸に響いた。
このタイミングでこの本に出会ったという偶然も感動



179.png



ちょっと話が重くなったので、お口直し



リビングで寛ぐスネちゃん


b0151748_13402834.jpg






b0151748_13404085.jpg


盆踊りしてるように見えない?






b0151748_13410184.jpg


beautyplusっていうアプリで撮ったら
スネちゃんもキラキラキュートに写った113.png




そうそう、老猫モカは・・・



b0151748_13421468.jpg




Commented by hal5911 at 2017-09-07 12:03
ププっ!見える見える!

ところでこの合成どうやって作った?
例のソフト(photoscape)で出来るの?
Commented by yayoitt at 2017-09-11 04:47
私の姉の義理の母が、50代でアルツハイマーと診断されて、
それから彼女が他界(彼女は熱心なクリスチャンだった)するまで、
いつも義兄が言ってた言葉 … まったく同じだった。

毎日毎日、ちょっとずつ、お別れしている感じ

姿かたちはそこにありながら、少しずつ遠ざかって行く。
Maama、どんなお別れが、より辛いのか、より辛くないのか、
それはきっと、誰もわからないままだけれども、だからこそ、
今、そこに愛する人、命が在る限り、いっぱい愛してあげることが
とても大切なんだろうな …。

愛されているってことは、どんな状況にあっても、命(人も動物も)は敏感に
ちゃんと感じるはずだから。
Commented by chocorachocora at 2017-09-13 09:42
♪M上さま
はい☆
もちろん、photoscapeですよ~
切り取りはフリーソフトの「鋏」です。
風景を探すのに苦労しました。(*^-^*)
Commented by chocorachocora at 2017-09-13 09:55
♪やっこちゃん
あのしっかり者の母がお正月とかに家族で泊りに行った時に、
何にも準備してなかったり、大事な予定を父に言ってないと、
全く忘れてしまったりすることがあって、
「お母さん、一体どうしたん?」と思ってた。
私に「maamaさんは誕生日いつ?」って言った時に、
なんかすごく淋しくなって、
「ああ、この母はもう昔の母ではないんだな・・・」と
孫の名前を忘れたり、私が好きな物も忘れたり、
自分が好きだったものも忘れているけど、
相変わらず私には優しい母で、まずは、「しっかり」が旅立ったのかな?
少しずつ少しずつ旅立つ準備をしているんだろうね。
それが、10年だったり、20ねんだったり
一緒に朗らかに準備していけたらいいな。

やっこちゃんの義兄さんも同じように感じられていたんだ。
同じように思っている人がいる。というだけで、
心強いと思う。
やっこちゃん、ありがとね(*^-^*)
by chocorachocora | 2017-09-06 13:44 | maamaって・・・ | Comments(4)

モカ、ナノ、スネオ、ふみ子と愉快な家族たちの日常


by maama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る