人気ブログランキング |

静かな旅立ち

御無沙汰しています。


実は、前回のブログ記事の東方神起のLIVEから4日後、
入院中の父の心拍数が乱れ始め、病院から最後の別れをして下さいと連絡が来た。

心拍数30台から20を切ることも

それから、4日後に静かに息を引き取った。

その間、兄と母と病院で徹夜したり、兄と交代で病院へ行ったり、



亡くなった後は、お葬式に向けて大忙し
仕事も忙しい時期なので、葬儀場に泊まって、そのまま職場へ行ったりも

兄のお嫁さんは体調がずっと悪く、maamaの主人のOっさんはまだまだ療養中なので二人で頑張った。


告別式は家族葬にしたので、受け付けはヨォーと甥のトシくん


静かな旅立ち_b0151748_12521071.jpg



アットホームで感動的な式で、父もきっと喜んでくれたと思う。


静かな旅立ち_b0151748_12523977.jpg

静かな旅立ち_b0151748_14003227.jpg


静かな旅立ち_b0151748_14005019.jpg

いろいろ、準備で実家に帰った時、ひとりぼっちのフクちゃんが
珍しくmaamaに近づいてくる。


フクちゃんも 大好きなじいちゃんの旅立ちに気付いている。


静かな旅立ち_b0151748_12543251.jpg




実は、ぶりこは短大を卒業したんだけど、まだ就職は決まってなかった。

ぶりこは好きなことを仕事にしたかったので、なかなか条件に合うのがなかった。

1.大好きなインテリアや家や雑貨にかかわること
2.デザインして広告・チラシを作成したい。
3.会社のHPを作成したい。

というので、探していたけど、なかなか短大では求人が無かったり、
地域、休み(土日)、職種の条件が合わなかった。

だから、一般事務に妥協して探していたけど、なかなか見つからなかった。

それが、告別式翌日に就職試験に行った会社が全てその条件に会っていて、
その日のうちに内定をもらった。


じいちゃん、天国で一仕事してくれたのかな?





Commented by m_nonohana at 2015-03-26 15:14
急な事でびっくりしたな。
私、思うに・・・お別れに完璧ってないんよ。
どれだけ傍に居て看病したとしても
逆に突然のお別れだとしても
さよならするのに全くもって悔いなくとか完璧な別れなんてないんよな。
だから、最後のお別れをちゃんとみんながやってあげて、じゃあねとお見送りできたことが一番の供養と日頃から思っとる。
maamaさんやお兄さんやお母さんやお孫ちゃんたちそれぞれの最後のお別れができてきっとお父さんも安心して旅立って行かれたことでしょうよ。
そして、ぶりこちゃんに天国から「しっかりやれよ!」と声を掛けてくれとってじゃわ。
な。
Commented by jun at 2015-03-26 16:41 x
maamaさん大変でしたね。
お疲れのところ更新ありがとう。

いつかは見送る日が来ると頭ではわかっていても
いざその日を迎えるとなると辛かったでしょうね。
お察しします。
でもお父さま、最後に素敵なプレゼントを残してくれたんですね。
読みながらじーんときました。

maamaさん
お母さまのこともしばらく心配だろうけど(フクちゃんも)
休めるときはゆっくり休んで…
くれぐれもご自愛ください。


Commented by yayoitt at 2015-03-27 04:54
あぁ … Maama …。
心の底から、お父様のご冥福をお祈りします。
そして、どうかどうか、残されたご家族のもとに、
心の安らぎがありますことを …。

本当に大変だったね、まだ、大変だよね。
しんどいだろうけれど、哀しいだろうけれど、Maama、
いつか、この日々を振り返って、溜息をつきながらも
微笑むことができる日が来るからね。

愛されたお父様 …。
Maamaを見守ってあげて下さい。

ぷりちゃんんんん。
やったねえええええええ!!
Commented by じろはは at 2015-03-27 10:14 x
お父様、苦しまずに静かに旅立たれたのですね。
うちの父親が亡くなったときも、業者に頼まない葬儀だったから
色々不手際は多かったけど、手作りで、ご近所の人とかもみんなで
送ってあげる感じでした。
きっとmaamaさん達も、暖かく優しく見送ってあげられたんだろうね。
お父様のご冥福をお祈りしてます。


ぶりこちゃん、就職おめでとう!おじいちゃんからの卒業祝いだったのかな~。
Commented by futari-to-nihiki at 2015-03-29 01:10
maama さん
肉親との別れを幸いにもまだ経験していない私には
なんて声をかけて良いのかもわかりませんが
心からお悔やみ申し上げます。
本当にお疲れ様でした。
故人に思いを寄せて、たくさん涙を流してくださいね。
いろいろな事が重なって大変だけど、溜め込んだり我慢しないでね。
ぶりこちゃんおめでとう!きっとおじいさんからの最後のプレゼントだね!
お父様のご冥福をお祈りいたします。
Commented by ukfelines at 2015-03-29 08:09
お父様、動物好きの方でフクちゃんもたくさん可愛がってらしたんだろうね。
11年前に亡くなった私の父も動物好きで、(私の生まれたときには家に柴犬がいたの)
多くを語る人じゃなかったけど、態度や行動で動物愛を私に教えてくれたんよ。
maamaも同じなんじゃないかなってふと思ったよ。
そしてmaamaの動物を愛する姿勢がお子さん3人にも受け継がれてるね。

ぶりこちゃん、お仕事決まってよかったね!
おじいちゃんからの計らいだよ、きっと。

maama、まだまだ大変だろうけど、無理しないで、身体に気をつけてね。
遠くから応援することしか出来ないけど、
maama家に早く平穏な時間が訪れてくれるように願ってるよ。

お父様のご冥福を心からお祈りいたします。
Commented by chocorachocora at 2015-03-30 11:57
♪ののはなさま
自分が手配するお葬式って初めてだったので、
もう、何をしていいやら分からずパニック状態でしたが、
いろいろ兄と相談して、日頃全然話をしていなかった兄とすごく距離が縮まった感じで、父も喜んでくれたかも

十分長生きしてくれたんだけど、やはり、いつまでも元気で生きていてほしかったな。
最後の1年はとても大変そうだったので、ホッとしたのも有ります。

あれだけ決まらなくて、条件に合う就職がなかったぶりこが、急に決まったのは、本当に父のお蔭だと思います。
いつも温かい言葉、有難うございます。
Commented by chocorachocora at 2015-03-30 12:00
♪JUNさま
有難うございます。

父の旅立ちは高齢とずっと体調が悪かったので、1年前くらいから覚悟はしていましたが、いざ、逝ってしまうとやはり、いろいろ後悔が出てきますね。
もっともっとお世話してあげたかったです。

フクちゃんは珍しく訪問してくる人たちに鼻を近づけて寄ってきますが、早速、伯母さんの手を噛んで負傷させてしまいました。
Commented by chocorachocora at 2015-03-30 12:21
♪やっこちゃん
ありがとうね

父はずっと体調が悪かくて、いつも「〇〇まで、わしはもう持たん」って言いながら、なんとか頑張って来れたんだけど・・・

父は、病院へ運ばれるときまで、ずっと認知症が出てきている母が一人になってしまうことを心配していました。
いつもいつも・・・
若い時は相当母に苦労をかけてきた父だけど、晩年は家事一切を老体で頑張って母を支えた良い父でした。

きっと、ぶりこがなかなか良い就職先が見つからないって言ってたのを気にして頑張ってくれたんだろうね。

だって、妥協して事務募集の試験に行ったら、実はパソコンが出来る人が丁度出産でやめたので、HP作ったりする人が欲しかったって言われたみたい。ぶりこの喜びようを見せてあげたかった~
Commented by chocorachocora at 2015-03-30 12:31
♪じろははさま
私の実家は分家なので、私も兄もお葬式は初めてなので、本当何をしていいやら、お経を拝もうとしてもだれも分からない・・・いろいろ反省することもいっぱいありました。

49日まではまだまだやることがいっぱいあるけど、頑張らなくっちゃ

病院では、すぐに喉に管を入れたりして、しゃべることが出来なかった父ですが、話しかけると最後までうなずいたり、手を強く握ったり、意識がハッキリしていました。
痴呆がなかった分、もうちょっと元気でいてほしかったなって思います。

ぶりこの就職は本当にいままで、なかなか良いところがなかったので、おじいちゃんのお蔭だと思います。
Commented by chocorachocora at 2015-03-30 12:36
♪ごまめさま
私にとって、初めての肉親との別れでした。
お葬式も初めてのことなので、準備の途中はなかなか悲しむばかりできず、必死でいろいろ準備しました。
初めてのことなので、不備もいっぱいあったんだろうな・・・
式になって、思い出の写真が流れて初めて大粒の涙が止まりませんでした。

ぶりこへの就職のプレゼントも本当に偶然ではないと思います。
この会社も妥協して事務募集の試験に行ったのですが、たまたまパソコンが出来る人が出産でやめて、HPとかできる人が欲しかったみたいで、
本当に良かったです。
Commented by chocorachocora at 2015-03-30 12:45
♪りりちゃん
父は、子供の頃私が拾ってきた猫のレミもすごく可愛がっていて、レミが死ぬときも父が「レミや~」と呼んだら必死で顔を上げてこたえていたよ。
フクちゃんのこともきっと心配なんだろうな・・・
フクちゃんは早速、伯母さんの手に噛みついて怪我させていたよ(´_`。)
私はいまだに撫でることはムリなんよ~

49日までまだまだやることがいっぱいあるけど、頑張るよ~
ぶりこも就職がなかなか決まらずにとりあえずフリーターかな~って思っていたところに内定があって、すごく張り切っています。
本当に父のお蔭だと思うよ~
by chocorachocora | 2015-03-26 13:08 | 大きな出来事 | Comments(12)

モカ、ナノ、スネオ、ふみ子と愉快な家族たちの日常


by maama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る