カテゴリ:レミ( 2 )

緑の道を通って・・・


緑の緑道公園を真っ直ぐ見ると突き当りはmaamaの実家


b0151748_1233112.jpg



この並木道は春には桜のトンネルになる。 



そして反対を向き、斜めに目をやるとそこは

母が入院している病院

実家から病院までの距離は徒歩1分半

その中間地点にある木


b0151748_12331571.jpg

中学生時代に母とレミと散歩する時に必ず2mくらいレミがかけ上っていた。



これは昔、天皇陛下が訪問された記念に植えたとか…ホントかな?

maamaが子供の頃は大きな木だったけど、

15年くらい前に雷が落ちて枝がいっぱい折れて小さくなったとか・・・




レミ
b0151748_12331836.jpg






この病院へ職場からの直行

車で40分の距離(夕方でとっても混む)を毎日通って1ヶ月

やっと退院が決まった母

84歳で直腸と盲腸と小腸の一部を切り取る手術

体力に心配があったけど、順調に回復

父が毎日朝、昼、夕、この緑のトンネルを通い

母の様子に一喜一憂

86歳のパーキンソン病を患う父は体力も限界でふらふらしている



父と母は二人暮らしなので、父の負担を減らすためにも

これからも当分毎日通うことになりそう。




さあ、退院してからさらに大変かもしれないけど頑張るよー







そして、家に帰るとスネオのこんな姿に癒される

b0151748_12332792.jpg



ポイントは鼻の横とおまたの黒い点


b0151748_12333144.jpg








ランキングに参加したんよ。ポチッとお願いなん。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村
by chocorachocora | 2013-06-19 12:45 | レミ | Comments(6)

maamaの妹

前にmaamaの高校時代に描いた変な油絵を紹介しましたが、
b0151748_11540640.jpg

そのモデルのニャンコを紹介します。

maamaが触れた初めてのニャンコ

maamaが中学生の頃、ある日、家にいたら猫の鳴き声が・・・

家の前の道路に手のひらに乗るほど小さな白猫。053.gif

すぐに家の中につれて入った。両親が帰ってその猫を見ると二人とも動物好きなので、

すぐに受け入れてくれた。

その夜、maamaが寝ているとベッドに上がってきて、ゴロゴロ鳴らしながらスリスリしてきた。
猫がゴロゴロと喉を鳴らすのは知っていたが、初めてのホンモノゴロゴロを聞いて、

そのマイクを通したような大きな音にびっくりして怖かった。でも、すぐ慣れた。

名前は家なき子のレミ少年からレミ

それからは、毎日学校から帰ったらレミが迎えてくれて、両親の帰宅が遅くても全然淋しくなかった。

b0151748_12213388.jpg


何度か出産したけど、なぜか、1匹か2匹くらいしか産まなかった。だから、すぐにもらい手が見つかった。
b0151748_12344135.jpg

写真の子猫は生まれつき足の悪かったパセリ。ヨタヨタ歩いてとても愛嬌があって父がとても可愛がっていたので、どこにもあげずにレミと一緒に飼うことにした。でも、1歳にもならない頃、虹の橋を渡った。

maamaの成人式の日は運悪くヨソの猫と喧嘩して負傷して、エリザベスカーラーをつけている。
b0151748_12385920.jpg


子供は苦手だったけど、maamaの子供だけは特別なのか、逃げないで、大きな声を出しても毛をむしられても普通に側にいた。

今、家に3ニャンがいるのも、レミmaamaを大の猫好きにしてくれたから051.gif


b0151748_1242555.jpg


そうよ、ピロピロヨォーぶりこのおばさんでもあるの037.gif





ランキングに参加したんよ。ポチッとお願いなん。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村
by chocorachocora | 2008-11-07 13:01 | レミ | Comments(6)

モカ、ナノ、スネオ、ふみ子と愉快な家族たちの日常


by maama
プロフィールを見る
画像一覧